ノビさんによる鉄拳7FR勝ち方、豪鬼対策講習会まとめ

2016/7/23ゲームセンターイスカンダルにてノビさんによる鉄拳7FR講習会が開催されました。

鉄拳7から鉄拳7FRになり、大きく仕様が変わっています。それらの点についてノビさんが説明してくれたので紹介します。

1.鉄拳7から鉄拳7FRになって大きく変わったこと

1.横移動

2.レイジアーツ(ダメージ強化)、レイジドライブ

3.パワークラッシュ

4.体力増加

5.補正

2.山ステが更に重要になった

大前提に横移動が強化されたことにより必須科目になりました。

そして更に必須になったのが山ステです。

なぜ山ステが重要視されるのかというと、全キャラバックダッシュの距離が伸びてるはず(ノビさんの見た感じ)なんです。

ということは今まで通ってた二択関連が山ステができることにより更に通らなくなります。

3.鉄拳7FRで勝つためには

鉄拳7FRは山ステをして二択が通らなくなり、更に横移動関連も強くなったことにより本当に技術介入が高いゲームになってしまいました。

鉄拳7ではシャヒーンやリリのような高火力コンボを決めれば勝ててましたというゲームだったんですが、今作はコンボがそこまで重要視されてなく、立ち回りのレバー操作が重要になりました。

そして最終的に繋がるのが、攻めより守りを重視しないと勝てないゲームになったというところです。

鉄拳7では攻めてれば二択関連で勝つことができたが、鉄拳7FRでは強者とやると技が当たりません。山ステ、横移動関連で今までできてた2択関連が通らないからです。

4.鉄拳7FRの横移動関連の説明

①横移動ってなんでしなきゃいけない?

まず横移動の大前提として技をかわすこと。そして壁から逃げること。これ以外に横移動をするポイントがありません。横移動をして技をかわしたら絶対浮かせましょう。

②技をかわすにはどういう場面で横移動をしたらいい?【獣段以下の方々に必要な知識】

横移動するときは-1~-4Fあたりがポイントです。自分のキャラのリスク小~中の中段技を覚えましょう。獣段以下の方々で横移動で技をスカしたいときは自分から不利にしなきゃいけないということを覚えましょう。

次に相手の技をガードしてこちらが不利になる技を全て覚えましょう。これはすごく重要視される部分です。そしてガードして不利になったらとりあえず横移動をしてみることを始める。あとは上記のフレームでの横移動等の読み合いを覚える。これだけで獣段の人は拳段、羅段には絶対いけます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です